自己処理はリスクだらけ・・・ホントいいことないよ

安易なムダ毛の自己処理は手軽な分、さまざまなトラブルを引き起こしてしまいます。繰り返し自己処理をすることで肌と毛根に深刻なダメージを与え、ムダ毛を目立たなくさせようとしてきたことが余計に肌の状態を悪化させてしまうのです。

自己処理というと、カミソリで剃るか毛抜きやワックスを用いて毛を抜くことが主になりますが、カミソリを肌表面に滑らせるということは、表皮に顔を出しているムダ毛のみではなく肌の角質も同時にそぎ落とすことになります。

これは肌にとても負担がかかる行為で、ダメージを受けたと感じが肌に防衛機能が働いて色素を沈着させてしまうことがあります。一度沈着してしまった色素は落とすのが大変です。また、毛を抜くことで毛穴が大きく開いてしまい、開いてしまった毛穴から雑菌が入って炎症を起こすことが多々あります。

自己処理で問題なのが、こういった負担がかかる行為を繰り返し行うことです。また、自己処理した毛は断面が綺麗ではなくなるため、一本一本の毛と毛穴がとても目立つようになってしまうのです。仕上がりが美しくなく、なおかつ肌にもいい影響を与えない自己処理は避けるべき行為です。

ムダ毛の自己処理で引き起こしやすい大きな肌トラブルは毛嚢炎です。毛嚢炎というのは、毛穴の奥に雑菌が入り込んで炎症を起こしてしまうもので、原因の多くが毛抜きやワックスを用いて脱毛をしたことで毛穴を開いてしまうことにあります。

ワキやVIOラインなど、毛が濃いところほど引き起こしてしまいやすく、感染を起こして化膿してしまいます。また、楽だからと使ってしまいやすいカミソリでもカミソリ負けをして、赤い発疹が表れたり痒みやヒリヒリとした痛みを起こします。

毛が肌表面に出てこれなくなってしまう埋没毛や、除毛クリームなどが肌に合わずに薬剤負けをしてしまうことや、強力なワックスを使用したことによる内出血なども非常に多いトラブルです。

ムダ毛の処理をする時には部位を清潔にして、処理した後も充分なアフターケアが必要になりますが、自己判断で適切ではないケアを行うとトラブルを引き起こし、そして悪化させてしまいます。異変を感じたら早急に皮膚科を受診することが賢明です。

自己処理を続けていく限り、こういったトラブルに見舞われる危険が常に付きまとうことを心しておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です